未分類」カテゴリーアーカイブ

音楽の先生がたへ

私が小学校で教わった音楽の先生、この先生は当時の音楽教育が洋楽のみであることに疑問を持ち、自費でいろいろな先生に邦楽を習い、楽器の研究、製作を経て、水道管で篠笛や能管を作って教えてくれました。当時小学校で、そのような独自の邦楽を教えるのはある意味問題だったかもしれません。しかし、私も含め多くの教え子が東京芸大に進学し、演奏者を目指したことは、それだけ先生がその魅力を伝えていたからだと思います。

先生はその後、やはり自費でプラスチック製篠笛や能管を設計・製作をし、音楽大学、音楽学会等に「音楽の授業に邦楽を」と熱心に働きかけていました。その熱意が多くの方々に通じ、多くの学者さん方が文科省に働きかけたたことで、2002年に中学校で音楽の授業に和楽器が組み込まれた、と勝手にそう思っています。

16年たった今、戦後から昭和の時代にあったような和楽器の偏見(注)は薄れ、和楽器を習うことが特殊だという感覚は少なくなったかと思います。しかし専門家になって久しい今になっても、和楽器が持つ存在感は洋楽器とは異なり、同時に邦楽の良さも異なるもの、その独自性は、和洋が混ざり合うよりも何倍も魅力的なものだと改めて思います。

残念ながら多くの先生方は大変忙しく、時間的に余裕が無いのが実情かと思いますが、邦楽を教えるということは、少し習った後に経験を応用して何とかなるというものではなく、先生方が音楽の先生になるに至った努力とほぼ同等の経験を1から学び直すことで、簡単なことではありません。

教員人生の中で、どういう教え子を排出したいかは皆様それぞれかと思いますが、私のように音楽の先生がキッカケで演奏者になった身としては、和洋問わず、音楽を志す生徒が育つ、熱意ある先生が一人でも多くいてほしいと願います。

注)以前は三味線を弾きたいと言うと芸者になりたいという意味であったり、縦笛(尺八)は女性が扱う楽器じゃないと思われていた時代もあったそうです

笛を吹くことが楽しくあるために

昨年、先代のお家元に習っていた方が17年ぶりに笛を習いたいと私の教室にお越しになり、それは17年前から変わらない正統な福原流の音でした。

大変懐かしい気持ちになりましたと同時に、私の笛は17年前のとはかなり異なったものであると、改めて気づかされます。そして歳を重ね、教えていただくことが無くなり、習い始めた頃のようなスピードで上達しない今、得たものはたくさんあっても失ったものもあり、悔やまれる気持ちもあります。

それでも今もなお笛を続えているのはとにかく飽きないからということに尽きます。

最初は、音が鳴る、短いフレーズが吹けるようになる、譜面がスラスラ読めるようになる、間違えなくなる、吹ける曲が増えるなど、出来ることが増えるたびに喜びを感じるでしょう。しかし一通りを終えそれが当たり前になっておしまいでは、一般的な音楽にはない邦楽独自のアプローチを知らないままで終わることになり、篠笛の本質を知ったことにはなりません。

より良い音、良いフレーズなど、同じ曲であっても、時間が経ちもう一度吹いてみるとその出来の違いに上達を感じ、楽しいと思えるでしょう。続ける期間が長くなればそれだけ深い部分を意識するようになり、出来るようになるまでの時間が長くなり、難しくなるということですが、質の高さに喜びがあることを知りはじめて、本当の笛が楽しさがわかります。

「本当の楽しさ」は自分で見渡し、見習い、見つけることで得られます。それを「教えてくれ」という気持ちでは、最後はつまらないものになります。

先生にもさまざまな方がいらっしゃいますが、見渡し方や見習い方、見つけ方など「方法」を教えることは出来ても、その方法を実際に試すのは自分自身で、つまり「喜びそのもの」を教えることは出来ません。先生が仰るどのような方法にも共感できなければ、自分で見つけるしかありません。

篠笛を吹いてみたいと思った一番最初のささやかな喜びは、自分で得た実感です。難しくなり乗り越えられない時はそのことを思い出し、自ら見渡し、見習い、見つけようとすれば、楽しさは必ずおとづれます。

最後に先代のお家元が最後に私に仰ったことは、「何か吹いてよ」でした。当時は怖くて吹けませんでしたが、今は何を言われても吹けば良かったと思います。笛を吹けなくなるまで続けることができたら、どんな笛を聞いても喜びになる、そんな境地ではないかと考えています。

楽しいと実感する喜びは瞬間、その一瞬のために、最終的には自分で何かを見つけ、楽しく吹き続けられるようになってほしい、そんなことを伝えられる先生になろうと思います。

良い篠笛とは

篠笛とは

「篠竹(しのだけ)」という、竹の中では細く、1節が長い竹から出来た横笛、要するに竹笛です。

「唄口(うたくち)」と呼ばれている吹くための穴と、7つ、あるいは6つ、指を押さえる穴を開け、唄口のところに詰め物をしたら、とりあえず音が鳴るようになります。1節が直径約2センチ、長さが50センチ弱の竹材があり、キリと小刀さえあれば、とりあえずここまでは誰でも作れる簡単な構造の楽器です。

製品として売られている篠笛のほとんどは、管内に漆(うるし)が塗ってあります。より音色が整い、カビ防止になります。また外側に装飾と、割れ防止として「籐(とう)」を巻いてあるものや、全体に漆でコーティングしてあるものがあります。。これらは、より割れにくく作られてると考えて良いと思います。

廉価版の篠笛は、漆の変わりにカシューと呼ばれる合成漆や、更に廉価なものには、害は無いと思いますが成分の良く分からない塗料が使われています。塗料が異なると音色も異なります。経験では、経年変化により音色が良くなるのは、本漆のものが一番です。

篠竹は自然素材のため一つとして同じ形状のものが無いため、工業製品のようには同一に作る事が難しく、人の手によって微調整をする必要があります。吹き方、音色、音程の考え方は皆少しずつ異なるため、製作者によって音色の特徴が異なります。

篠笛にはどのジャンルにも対応する笛というのがありません。多くの初心者が最適な篠笛に選ぶためには、まず最初に自分がどのような音楽を篠笛で演奏したいのかが重要です。

大きくは、「囃子用(はやしよう)」と「唄用(うたよう)」に分かれます。

「囃子用」

篠笛の中で最も歴史のある形、いわゆる「お祭りの笛」です。です。特徴は、穴の大きさと間隔が均等(厳密には左手で押さえる穴と、右手で押さえる穴が均等)に並んでいます。囃子用は独特の音階になっており、お祭りの曲以外を演奏するには不向きです。逆に申せば、お祭りの曲を演奏するためには後述の「唄用」は不向きということです。

「唄用」

太平洋戦争以前、昭和15年ごろと推測されますが、五代目福原百之助氏が発案し、戦後六代目福原百之助師が実用化した篠笛が「唄用」という調律笛です。

それまで歌舞伎において笛方はお祭りの場面でそのまま「お祭り」を演奏するなど、唄や三味線の音程に合わせることはありませんでしたが、明治から始まった洋楽教育の影響で、笛も唄や三味線の調子に合わせて演奏したいと思うようになったのだと思います。

この唄用は、指穴の大きさを変える事によって洋音階に近づきましたが、現在では指穴の間隔を工夫することにより洋音階(平均律)に近づけようとした篠笛も多く見られるようになりました。

「良い篠笛とは」

プロ奏者の私にとって、音程の良し悪しは多くの皆様が思うほど重要なことではなく、正直で、使いやすい笛を好みます。一番大切なことはその笛が持つ音色です。

篠笛にご興味を持った方々に勘違いいただきたくないことは、人と同じく篠笛も、見た目や機能ではなく、愛着が湧くまで関わってみようと思えるかどうかだと思います。

高い音が出ない

多くの篠笛初心者の最初の「壁」かと思います。これは篠笛が日常的に聞きなれない音だということと、狙った所に当たっていない、吹くための準備不足が原因です。

言い換えれば、鳴らしたい音がどんな音かを聞き、しっかりと吹くための準備と、狙った所に息を当てることが出来れば、高い音は鳴らせます。

篠笛の高い音がどんな音かを知る機会は、実際のところとても少ないかもしれません。

生の音ではないとなかなか「これだ!」という確信が持てないかと思います。インターネット映像配信サイトで聞くことも出来ますが、自分の鳴らしている音が果たして「正しい音」なのかは、初心者や独学の方には他者に聞いてもらわないと判断が難しいのではないかと思います。

どうなっているのかを言ってもらえると一つの基準になり、上達が早まります。
最初の「壁」でつまづくなら、習ってみましょう。

篠笛を篠笛らしく吹けるようになるには

1篠笛が手元にあること
はじめてみたいと思ったキッカケは人それぞれかと思いますが、まずは篠笛を手に入れることが必要です。

お祭りの笛ではなく、その他の曲(和洋問わず)を演奏したい場合、最初は「六本調子の唄用」と呼ばれる篠笛がもっとも扱いやすく、ご購入される方がもっとも多いです。「調子」とは、笛の長さを表す単位で、数字が小さくなると長くなり、大きくなると短くなります。六本調子の笛は約45センチほど、カバンから少し出てしまう長さです。

篠笛を購入する場合はプラスチック製が最もお安いです。竹製でもプラスチック製に迫る価格の篠笛もございますが、1本1本異なる「竹」という性質上、人の耳で丁寧に調律されたハンドメイドの篠笛でも数万円ですので、上達を望むのであれば最初からそういったハンドメイドの篠笛を購入れるのが良いと思っています。

篠笛初心者かつ楽器のご経験が少ない方は、独学ではなく、先生に習わないと思うように吹けない方がほとんどかと思います。先生に習うことを前提としているならば、篠笛にもいろいろ種類がありますので、あらかじめご購入されるのではなく、まず習おうと決めた先生に伺ってみた方が良いでしょう。
2 譜面が読める

習う・習わないに関係なく、吹いてみたい楽曲を覚えてゆくためには、自分しか読めないようなものでも譜面を書けるようになれたら良いと思います。まずその前に、譜面を読めるようになりましょう。

篠笛にはいろいろな記譜の方法がありますが、一般的には数字で書きます。私は主に縦書きの数字譜を使いますが、五線譜で書かれている曲は音符の上に数字を付け加えています。篠笛は絶対音感ではなく、相対音感で演奏する楽器です。調によって使い分けをするため、調に関わらず運指(ポジション)がわかる数字譜を読めた方が早く演奏できるようになるかと思います。また同じ曲でも奏者によって様々です。いろいろな奏者の、出来れば生演奏を聞いてみることは上達の早道です。
「こんな風に吹きたい」という演奏に巡り会えたらきっと楽しくなることと思います。
3 先生に習う理由とその費用

篠笛は、初心者は習った方が良いと思います。

知識や経験が浅い段階では、例えば無料の媒体(インターネット映像配信サイトなど)の場合、本当は奏者の解釈が浅かったり、間違っているだけなのに、楽曲に悪い印象を持ってしまうことがあります。確かに音楽は好みがあるものですが、観客として演奏を聞くのではなく演奏してみたいのですから、好みで判断する感覚では音楽の幅を狭めることになり、上達の妨げになります。一定期間継続し習うことで基準ができ、より正確な音楽の捉え方を身につけることに繋がるかと思います。

費用は先生によりまちまちですが、専門的なことを教えてくれる先生になればなるほど他の仕事と掛け持ちをしている可能性が低く、つまり篠笛で生計を立てている方々です。その先生がどの程度篠笛と向き合っているかの判断はホームページだけでは難しく、また録音された音源でもある程度しかわかりません。先生が演奏する生の音から判断する、それしか方法はありませんが、少なくとも初心者を教えたいと思う先生は、必ず体験教室を行なっているはずですので、多少の勇気は必要かもしれませんが、思い切って体験してみてはいかがでしょうか?

4 最後に

ここまで読まれた方はもうお分かりかと思いますが、要するに私は初心者の方に教えたいと思っている「篠笛の先生」です。

JR山手線、池袋の隣、大塚駅から徒歩2分、初心者の方は体験無料です。

お申し込みはからこちらから。
お越しをお待ちしております。