経歴

福原 友裕(篠笛・能管奏者 福原流囃子方(笛方))

東京藝術大学音楽学部邦楽科卒
同大学院修士課程終了

在学中に四世宗家寶山左衛門(六代目福原百之助)師より、福原流囃子方(笛方)として「福原友裕」と名乗ることを許された後、長唄演奏会、日本舞踊公演、歌舞伎公演の楽師として、国立劇場や歌舞伎座をはじめ、全国の劇場にて古典邦楽の研鑽を積む。また一方、現代音楽、ジャズ、クラシック音楽とのコラボレーションにも積極的に参加する。

現在はより広く・深く音楽の世界を知るために、演奏者としてのみならず、指導者、また研究者として、活動の幅を広げている。

ピアノと篠笛「孤高の笛コンサートシリーズ」主催。

篠笛・能管教室を大塚(東京)と千葉にて開講。
NHKカルチャー千葉・町田教室講師