後悔しない篠笛の選び方

結論を言いますと、鳴らしやすい・鳴らしにくいではなく「鳴らせるようになりたい」と思える笛に出会おうとすることが、後悔しない篠笛の選び方です。

どの笛にも音程が合いにくい、音色が作りにくい部分があります。すべてにおいて完璧という笛は、私は出会ったことがありません。そういった経験からですが、音程が正確などといった性能ありきではなく、こちらが何とかして音程を揃え、良い音色を作りたいと思うような愛着の持てる篠笛が良いと、そう思うようになりました。

それぞれの笛のクセを踏まえて思い通りに吹けるようになってくると、その笛の個性を引き出せているようでとても楽しいのです。

愛着を持ち長く使い続ける理由は、好みの音色が少しずつ出るようになったからです。

音色に一番大きな影響があるのは管内に塗ってある「漆」です。この漆は、完全に乾燥するまで何年もかかると言われていて、その経年変化が及ぼす音色の変化で、篠笛はよりよく鳴るようになります。

上達と共に篠笛も成長し、より篠笛らしい好みの音色に近づいてゆくこと。

この部分が他の楽器ではなかなか経験できない、最も魅力を感じる部分です。

これから始めようと思われる方々は、篠笛らしい音色、そして好みの音色が何かもわからないですよね?そういう場合は「上手いな」と思った演奏者と同じブランドのもの、あるいはその本人が勧めるものを購入するのが一番です。ちなみに、初心者の方は6本調子前後から始められると良いです。

 

篠笛はプラスチック製は1000円代から、竹製でも数千円代からあり、高価なものだと10万円オーバーの篠笛もありますが、プロの篠笛奏者が使用する篠笛は、ほとんどが2万円~5万円の価格帯です。

5万円以上の高価な篠笛は、装飾など、より多くの工程があるために工賃がかかっていたり、煤竹(すすだけ)など高級材を用いているためです。高いから良い性能というわけではなく、当然良い音色がするとは限りません。好みの装飾や音色であれば良い、それだけです。

逆に2万円以下の笛にも良い笛はありますが、塗料が漆ではなかったり、また数千円代の量産品は音色が安っぽくなるものが多いです。なおこの話はあくまで「唄用」の篠笛の話であって、囃子用の篠笛はこの限りではありませんのであしからず。

プラスチック製は本来学校の音楽教育用で、興味があるなしに習わされるための教材です。作りは悪くないので、それほどおおごとではありませんが、最初から竹製を買っておいた方が後悔はしないと思います。

私の教室では、ご希望によって専用設計の篠笛をご購入いただいております。

長年市販はしておりませんでしたが、生産数が少し増えましたので、この度市販することに致しました。メニューの、あるいはページ最下部の「ネットショップ」をクリック(タップ)してください。皆様の後悔しない篠笛選びの選択肢に入れていただけたらと思います。

なお通信販売の形はとっておりますが、できました実物をご覧いただきご購入頂きたいと思っております。なおご希望であれば、簡単な説明や、体験教室も致します。

ご興味のある方は是非ご覧になってください。

連絡先