夏の発表会が終わりました

篠笛・能管の発表会

年に2回、夏と冬に発表会を行なっています。
参加は強制ではありませんが、楽しいですよ^^。

童謡・叙情歌・民謡・笛の合奏曲・長唄と、バリエーションに富んだ構成でした。ご来場(無料)いただいた皆様には、にはこの場所に響くいろいろな笛の音を満喫いただけたことかと思います。

日頃の稽古やご自宅等での練習の時とは違いますので、緊張し思うように音が出なくなる方もいらっしゃいます。今回は、区切りの良いところで一旦曲を止め、少し間を取り、アドバイスをし、続きを吹いていただくことにしました。

発表会らしくないかもしれませんが、今自分に何が起こっているのかをその場で理解してもらうことで、次回の目標になればと思います。

音が出なかったらどうしようという不安であったり、とにかく間違えずにと思われて緊張する、最初はそういうものですが、羞恥心から来る他人に向いた緊張ではなく、いつかより良い演奏をするための、自分に向いた緊張で満たされるようになれば、上手に吹けるようになります。

私もそういう手本となるよう、日頃から気をつけたいと思います。

皆さん良い笛の響きでした。また次回頑張りましょう^^。