高い音が出ない

多くの篠笛初心者の最初の「壁」かと思います。これは篠笛が日常的に聞きなれない音だということと、狙った所に当たっていない、吹くための準備不足が原因です。

言い換えれば、鳴らしたい音がどんな音かを聞き、しっかりと吹くための準備と、狙った所に息を当てることが出来れば、高い音は鳴らせます。

篠笛の高い音がどんな音かを知る機会は、実際のところとても少ないかもしれません。

生の音ではないとなかなか「これだ!」という確信が持てないかと思います。インターネット映像配信サイトで聞くことも出来ますが、自分の鳴らしている音が果たして「正しい音」なのかは、初心者や独学の方には他者に聞いてもらわないと判断が難しいのではないかと思います。

どうなっているのかを言ってもらえると一つの基準になり、上達が早まります。
最初の「壁」でつまづくなら、習ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です