篠笛を篠笛らしく吹けるようになるには

1篠笛が手元にあること
はじめてみたいと思ったキッカケは人それぞれかと思いますが、まずは篠笛を手に入れることが必要です。

お祭りの笛ではなく、その他の曲(和洋問わず)を演奏したい場合、最初は「六本調子の唄用」と呼ばれる篠笛がもっとも扱いやすく、ご購入される方がもっとも多いです。「調子」とは、笛の長さを表す単位で、数字が小さくなると長くなり、大きくなると短くなります。六本調子の笛は約45センチほど、カバンから少し出てしまう長さです。

篠笛を購入する場合はプラスチック製が最もお安いです。竹製でもプラスチック製に迫る価格の篠笛もございますが、1本1本異なる「竹」という性質上、人の耳で丁寧に調律されたハンドメイドの篠笛でも数万円ですので、上達を望むのであれば最初からそういったハンドメイドの篠笛を購入れるのが良いと思っています。

篠笛初心者かつ楽器のご経験が少ない方は、独学ではなく、先生に習わないと思うように吹けない方がほとんどかと思います。先生に習うことを前提としているならば、篠笛にもいろいろ種類がありますので、あらかじめご購入されるのではなく、まず習おうと決めた先生に伺ってみた方が良いでしょう。
2 譜面が読める

習う・習わないに関係なく、吹いてみたい楽曲を覚えてゆくためには、自分しか読めないようなものでも譜面を書けるようになれたら良いと思います。まずその前に、譜面を読めるようになりましょう。

篠笛にはいろいろな記譜の方法がありますが、一般的には数字で書きます。私は主に縦書きの数字譜を使いますが、五線譜で書かれている曲は音符の上に数字を付け加えています。篠笛は絶対音感ではなく、相対音感で演奏する楽器です。調によって使い分けをするため、調に関わらず運指(ポジション)がわかる数字譜を読めた方が早く演奏できるようになるかと思います。また同じ曲でも奏者によって様々です。いろいろな奏者の、出来れば生演奏を聞いてみることは上達の早道です。
「こんな風に吹きたい」という演奏に巡り会えたらきっと楽しくなることと思います。
3 先生に習う理由とその費用

篠笛は、初心者は習った方が良いと思います。

知識や経験が浅い段階では、例えば無料の媒体(インターネット映像配信サイトなど)の場合、本当は奏者の解釈が浅かったり、間違っているだけなのに、楽曲に悪い印象を持ってしまうことがあります。確かに音楽は好みがあるものですが、観客として演奏を聞くのではなく演奏してみたいのですから、好みで判断する感覚では音楽の幅を狭めることになり、上達の妨げになります。一定期間継続し習うことで基準ができ、より正確な音楽の捉え方を身につけることに繋がるかと思います。

費用は先生によりまちまちですが、専門的なことを教えてくれる先生になればなるほど他の仕事と掛け持ちをしている可能性が低く、つまり篠笛で生計を立てている方々です。その先生がどの程度篠笛と向き合っているかの判断はホームページだけでは難しく、また録音された音源でもある程度しかわかりません。先生が演奏する生の音から判断する、それしか方法はありませんが、少なくとも初心者を教えたいと思う先生は、必ず体験教室を行なっているはずですので、多少の勇気は必要かもしれませんが、思い切って体験してみてはいかがでしょうか?

4 最後に

ここまで読まれた方はもうお分かりかと思いますが、要するに私は初心者の方に教えたいと思っている「篠笛の先生」です。

JR山手線、池袋の隣、大塚駅から徒歩2分、初心者の方は体験無料です。

お申し込みはからこちらから。
お越しをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です